看護師・保健師の求人・転職サポートサイト

トップページ>転職サイトとハローワークとナースセンター

転職サイトとハローワークとナースセンター

インターネットで看護師・保健師の求人検索ができる代表的な情報媒体には、転職サイト・ハローワーク・ナースセンターがあります。利用する前には各媒体のサービスの違いを良く確認しておきましょう。

各求人媒体のサービスの特徴について

転職サイト

民間の企業が運営している情報媒体で、全国各地に様々な種類の転職サイトがあります。全国展開しているところもあれば、地域を限定してサービスを展開している転職サイトもあるので、利用する時には対応する地域をチェックしておくことが大切です。

求人検索といったサービス以外に、専任のコンサルタントが求人の紹介や職場への応募、面接対策といったサポートを行っているのが民間の転職サイトの特徴です。

ハローワーク

ハローワークは国民に安定した雇用機会を確保することを目的に厚生労働省が設置している行政機関です。実際に職場に応募する際には最寄の窓口で求職申し込みを行う必要があります。

求人紹介の他に、履歴書・面接講座といったサービスを行っており、転職に関しての一般的なサポートを受けられます。

ナースセンター

ナースセンターは日本看護協会が運営している人材紹介サービスです。古くから看護業界の発展のために活動しており、協会員以外でも利用することができます。

インターネットで求人の詳細情報を閲覧するには看護師免許証番号が必要になります。ハローワークとは違い、看護師・保健師に特化しているため情報が細かく、就職相談会や研修などの情報をメールでお知らせするサービスも行っています。


営業時間に関してはハローワークが17:00、看護協会の営業所は16:00といったところが多いようです。それに対して、転職サイトはコンサルタントが直接出向いてくれることもあり、時間の融通がきくと言えるでしょう。

また、看護師の求人数に関しては転職サイト、ハローワーク、ナースセンターの順に多くなっています。各求人媒体には良いところもあればデメリットも存在しますので、各方法のメリットを最大限に活かして情報を得ることが重要です。