看護師・保健師の求人・転職サポートサイト

トップページ>看護師のオシャレはどこまで許される?

看護師のオシャレはどこまで許される?

看護師は仕事の特性上、清潔感のある身だしなみが求められます。しかし、一人の女性としておしゃれをしたいと感じている看護師の方も多いです。

髪型やネイル、ピアスなど、看護師の方の就業時の身だしなみやおしゃれの傾向、注意点について紹介していますので参考にしてみて下さい。

髪の明るさや髪型について

勤務先によっては「カラースケールの何番まで」と規定しているところもありますが、規定がない場合には特に明るい色でも問題にはなりません。

ただ、明らかに職場のTPOに反した髪色は同僚や患者さんから良いイメージを持たれませんので、落ち着いた雰囲気が保てる程度に抑えておくことは必要です。

また、看護師の髪型はおだんごが理想的とされていますが、「ひとつにまとめてあれば問題なし」という職場も多くなっています。

髪の長い方はまとめていても業務の際に毛先が患者さんに触れてしまい不快感を与えてしまうこともありますので、そういったケースは考慮して整えると良いと思います。

ネイル・ピアスについて

看護師の手指のネイルアートは基本的に禁止です。しかし、職場によっては清潔感を与える方法として「透明のネイルであればOK」というところもあります。

足のネイルに関してはナースシューズで隠れているので、ネイルをしている看護師の方が多いです。爪のおしゃれは足のネイルで楽しむのが安心かもしれません。

ピアスの着用に関しては職場の規定で定められていることもありますが、「目立たないシンプルなものであればOK」というところが多くなっています。

ですが、「患者さんのところに落としてしまった、子供がピアスを引っ張ってしまった」といったケースもありますので、その様なことは考慮して着用する必要があるでしょう。


看護師の身だしなみについては各職場の規定によって異なりますので確認してみるのが一番だと思います。医療現場ということで決して多くは認められていませんが、女性の楽しみとして自分らしくおしゃれをするのも良いかもしれません。